TOP > 司法試験・予備試験 一発合格ラインナップ > 論文合格答練

司法試験 論文合格答練

担当講師 北出容一(弁護士)

応用力を磨き、起案能力の確実なアップを目指します。

論文合格答練の特徴

1 基本を応用させる変化に富んだ問題
(1)最新の新司法試験の傾向に即応し
(2)予想される基本」と「応用力を問う現場思考問題」双方を出題します。
(3)知識吐き出しを嫌う司法試験の傾向に即応します。

2 「答案作成の鉄則」を盛り込んだ講義
「30年本試験当日、制限時間内に合格答案を書くための鉄則」を盛り込んだ講義です。
答案練習は、その経験を「初見の本試験問題で制限時間内に合格答案を書く解法の鉄則」に昇華できなければ、意味がありません。そこで、当該問題を通じ、事案分析、条文要件選択、解釈論、事実摘示と場合分けの鉄則を指摘する解説を行います。

3 本試験当日、時間内に書ける合格答案
(1)基礎と条文・現場思考で勝負する
(2)司法試験の採点に即応した司法試験的論述
「旧司法試験・予備試験」と「司法試験」では、合格答案の答案表現に違いがあります。
そこで、司法試験的合格答案を伝授します。予備試験受験の方にも有益な内容です。
(3)〈短文化の指針〉で答案を制限時間内に書けるように

4 採点では、「法的判断」「論理表現」双方を検証

5 本試験の過酷な問題に耐えうるように
焦って丸暗記、闇雲に答案を書く方法を5年続けて合格できないより、
合格する確率の高い方法による厳しい特訓に、短期間打ち込んで合格する方が、
長い目で見ると圧倒的に楽であり、且つ費用も安く済みます。

1)【答練】4時間で2問を解きます。
(2)【講義】「穴埋め参考起案」を使用します。
(3)【採点】弁護士が採点します。
(4)【再起案】講義聴講後、本当に書けるようになったか、自己検証して頂きます。

返却される答案に、再起案部分を指摘いたしますので、ご自宅で再起案してください。

論文合格答練 通信(DVD貸与クラス) 教材の発送について

1)解説は、DVDで行います。
2)添削は、弁護士が行います。
3)教材の発送、答案の提出・返却の手続きについては、お申し込み時にお問い合わせください。

論文合格答練 通学DVDクラス受講料(消費税別)

受講料金
1科目(2問)20,000円(通信費を含む)

※ お申し込み時に消費税を別途、頂戴致します。
※ 北出講師作成の解説(答案例)込みの料金です。(テキストの著作権は、北出容一にあります。)

講師からのメッセージ

初見の問題で制限時間内に一発で合格答案が書けるように!
司法試験の答練、予備試験の答練は、「過去問答練」と「本試験に近い論文合格答練」を併用するのがベスト

確かに、旧司法試験過去問、新司法試験過去問の類問はしばしば出題されます。本試験特有の傾向(試験の正体)と解法を研究することは極めて重要です。そこで、旧司法試験と新司法試験の過去問答練を制限時間内に起案し、本試験特有の事案分析、条文要件選択、解釈あてはめを研究することは、非常に有益です。
ただ、司法試験・予備試験論において、過去問と全く同じ事例が出ることは滅多にありません。過去問や判例とは異なる「初見の応用」も容赦なく問われます(司法試験法、出題趣旨参照)。
次回司法試験・予備試験に合格できるか、それとも次回も合格できないかは、次回本試験当日、初めて見る「基本問題」と「初見の応用問題」双方に対し、制限時間内に、「事案分析、条文・争点選択、あてはめ」の判断をし、且つそれを論理明瞭に表現できたか、できなかったかで決るのです。
そこで、実務法学研究会では、司法試験の答案練習、予備試験の答案練習として、過去問答練(旧試験、新試験)と、出来るだけ近時の本試験の傾向に近い「論文合格答練」を併用した答案練習をお勧めしています。

なお、論文合格答練、論文合格講座の的中状況は、ホームページでご確認ください。

論文合格答練は、司法試験受験の方も、予備試験受験の方も無理なく受講できるように工夫されています。

contact_bar_off