TOP > 合格者の声

合格者の声

司法試験合格者の声

  • 平成24年司法試験【合格】Fさん

    働きながらの受験で、論文過去問講座を受講しました。
    講師との距離が近いので、受講生の一人一人の力を把握されているようで、具体的な個別指導という印象でした。

  • 平成24年司法試験【合格】Dさん

    実践講座を受講しました。論文の主従の書き方、あてはめの仕方など、先生独特の表現でしたが、ここでしか聞けないと思いました。ぜひ、お勧めです。

  • 平成24年司法試験【合格】Eさん

    受験3回目でしたが、合格しほっとしています。
    もともと法律とは全く無関係の仕事についていましたが、ロースクール入学と同時にこの研究会に所属しました。
    起案後のゼミクラスでは、先生が質問を次々とされるので、「短時間で自分で考える」訓練がよくでき、本試験のとき、初見の問題にも食いついていく力がついたと思います。
    社会人の経験がある私には、現役の弁護士である先生の、実務での実益というような視点がある講義がとても納得がいきました。

  • 平成23年司法試験【合格】Cさん

    4月に行われた応用型予想問題起案を受講しました。その際、緊急避難の答案集をもらいましたが、それを本番まで繰り返し読んでいました。
    それがとても役に立ちました。

受講生アンケートより

司法試験 論文公開起案(現「特別強化教室 アウトプット強化答練」 )について
  • 予備校などで、すでに起案演習をしていたので、受講を少し迷いました。でも、本試験で似た問題があり、また、書くべき問いと踏み込まない問いの区別も教えていただいていたので、本試験でも時間不足にならず、きっちり書き終えました。これが無ければ、途中答案になっていたと思います。
  • 先生が「ここは多くの人が誤解をしていますが、絶対に間違えてはいけないポイントです。」といったところが、ことごとく、自分にあてはまり、参加して良かったです。
  • 公開起案や公開模試でやったものが本当に沢山本試験で出ていました。今年度の試験では憲法以外は当たっていたと思います。 驚異の的中率でびっくりしました。
  • 基本論点については、判例そのままの問題ではなく、大抵の場合、本件ケース特有の事情が問題文の事例に含まれており、「基本プラス本件ケース特有の事情」を処理する練習を毎回のようにできて、本試験で大変助かりました。
  • 本試験と同様、問題文の序盤や中盤で、聞いたこともない初見の論点が問題文に含まれていることが多かった。
  • 初めて見るような論点を条文と対立利益とあてはめ事実を見て処理をする練習ができました。
  • 予備校の問題特有の、見た瞬間答えが分かる問題ではなく、本番のように負荷が高く、本試験で物怖じせずに済んだ。
  • 難問や時間不足の際に、いかに分かり易く短く逃げるかの練習ができました。
  • ゼミでは、書いたばかりの答案が帰ってきて、一番出来が悪いところをその場で書き直すよう勧告されたのがとても勉強になった。
  • 基本判例を参考にしていると思われるが、判例を加工して本試験的な問題にしてくれていた。
  • それまでとても書ききれない参考起案をみてどうしようかと思っていましたので、北出先生直筆の緊急避難答案が大変参考になりました。
  • 平成23年度新司法試験対策で受けました。研究会の大問起案は、難しかったので、本試験の方が易しく感じられ、楽でした。
司法試験 論文実践講座(現「特別強化教室 インプット強化講義」 )について
  • 基本論点をどうあてはめるかの解説がよかったです。ほかでは教えてくれなかった事ばかりでした。もっと早く聞いておくべきでした。
  • あてはめまで載っている実践講座のテキストはとてもよかったです。
  • 紛争類型毎に、条文選択の判断のための全体構造を処分選択の手順、要件全体を見て主要な要   件選択の手順を明示してくれていましたので、24年の会社法では基本重要条文をおとさずにすみました。
  • 絶対早めに聞くべき。
  • 重要論点の北出先生作成の最短文の論証は、必要な事項のみが言葉を厳選して無駄なくまとまっており、これは暗記した方がいいと思います。
  • 板書図の条文選択の全体構造や、板書図のあてはめイメージの説明は、本番直前繰り返し読みました。
  • あてはめ起案で、あてはめだけ練習できたのがよかった。
  • 実践講座の予想旧司法試験過去問のおかげで、平成24年民事訴訟法の同時審判や参加的効力は無理なく書けた。 膨大の過去問のうち、出題が予想されるものを厳選してくれてよかったです。
  • 実践講座の切り口は斬新で、いつもはっとする点がありました。基礎講座を科目別にしかとっていませんでしたが、基礎講座も全科目受講しておけば実践講座の内容をもっと深く理解できたのにと思いました。ここの講座は、本試験のときにそれぞれの講座がもつすごさがわかると思います。
司法試験 即戦力基礎講座について
  • 講師の話し方は、大切な部分を繰り返し言うので、起案のとき、そこに意識が行くようになりました。
  • 講義後、基本書を読むスピード、択一の問題を解くスピード、判例を読むスピードが上がりました。全体構造が頭に入ったためだと思います。ロースクールに入る前に、受けておきたかった講義だと思いました。
  • 使用テキスト・レジュメは、苦手とするところにしっかりと焦点が当てられており(ポイントとか注意など)、非常によかったです。
  • 今まで試験に対して、過剰の恐怖感があり冷静に取り組むことができなかったが、 講師が言ったことが身につくと、落ち着いて本番に臨むことができるように思います。
  • 基本中の基本を、実は正確には書けていないことを、初めに行ったテストで認識でき、 講義を真剣に聞けました。本試験前にチェックできて助かりました。
  • 基本を覚えるペースメーカーになりました。
  • 北出先生がおっしゃる100%速答するべき基礎について、基礎の誤解を検証できました。
  • 旧司法試験過去問を題材に要件効果全体を処理させる検証試験という内容が申し込みの時にはピンと来なく、半信半疑で申し込みました。結果は、あてはめと場合分けの区別、要件効果全ての○×の判断、それらの主従の振り分けが勉強できて、実践的で試験でもそれを意識しながら 解けました。受講してよかったです。もっとたくさん解きたかったとおもいます。
  • 検証試験の応用問題がよかったです。条文の文理解釈の枠内で制度趣旨と対立の双方に 目配りをして、要件効果の解釈を定立し、逃げ道を作ってあてはめる、という北出先生が講義の中でおっしゃっていることが具体的にわかり、そのとおりの思考が身についたと思います。
  • 初めは自分は基礎はできていると思い、簡単に思えてしまいあまり重要視していなかったのですが、本試験直前になり起案をすればするほど、基礎が甘いことがわかり、そんなとき検証テストを総復習に使いました。短期間で重要な基礎を見返すことができました。 直前に見返していて本試験では、基礎で迷うことがなかったので、その分、余裕を持ち、特殊性を考えることができました。
  • 少ない知識でここまで解けるのかとびっくりしました。
  • すごくよかった。憲法は、各単元で一番基本的な北出先生がおっしゃる「第一判例」から派生的な記述を考えて解くことができるようになって得点が安定するようになりました。
  • 短期間の講座なのに憲法が見違えるようにできるようになりました。
  • 択一過去問の選択肢毎覚える方法から、問題毎に問題の構造を分析し、問題全体から平易・基本的なところを中心に考えることができるようになって、択一試験対策が楽になりました。
  • 知識は、「推奨基本書」で入れて、あとは平易なものを中心によく読んでよく考えて解けばよいことが分かりました。
  • なるほど、過去問の暗記より、基本書と選球眼と現場思考の方が楽です。